30.1 C
Pakse
Thursday, February 2, 2023

ラオスの完全な開国に関する施策の詳細と意見募集

2022年4月28日付の「SPARK Translation」のFBのポストによると、情報文化観光省は、4月26日に実施した、ラオスの完全な開国に向けての会議の内容を首相に報告したとのことです。

SPARK TranslationのFBポスト: https://www.facebook.com/SparkTranslation/posts/330688435819553

また、2022年4月29日付の「Vientiane Times」のFB記事にも、詳しい内容が記載されています。

Vientiane Timesの記事: Ministry, tour operators request full reopening for foreign tourists starting May 1

 

情報文化観光省から首相への報告の主な内容は以下の通りです。

ーーーーー

1.完全な外国人観光客の受け入れの開始は5月1日からとする。
2.観光会社を利用した団体旅行者や観光客のみではなく、個人旅行者も受け入れる。
3.旅行者はライバルビザ、もしくはE-Visaを取得することができる。ラオスへのビザが免除されている国民については、ビザ申請は不要。
4.観光客は、入国前もしくは入国時に、1万ドル以上の補償の健康保険もしくはコロナ保険への加入が必要。
5.ラオス国内のどの場所でも旅行することができるが、マスクの着用、手指の消毒、人との距離を置くなど、コロナ感染を予防するための標準的な規則を遵守する必要がある。
6.ワクチンの接種者について:
・14日以上前に必要回数のワクチン接種を行ったとする証明書、もしくはコロナ感染(回復)証明書が必要(18歳以下はワクチン証明は不要)。
・入国時のPCR検査は不要。ただし、RDT/ATK検査を行い、1時間以内の結果を待つこと。(旅行会社で手配した旅行者は、指定のホテルにて、検査及び1時間の待機をすることができる)
・RDT/ATK検査の結果が陰性の場合、隔離は不要。自由に旅行できる。陽性の場合は、陰性の結果が出てから、旅行を開始することができる。
7.ワクチン未接種者及び5歳以下について:
・入国の72時間以内のPCR検査証明書。入国時に、RDT/ATK検査を行い、1時間以内の結果を待つこと。
・入国後、RDT/ATK検査の結果に関わらず、7日間の隔離が必要。
・日帰りの旅行者は、入国の48時間前に実施したRT-PCR検査の証明書が必要。入国時に、RDT/ATK検査を行い、1時間以内の結果を待つこと。

 

ーーーーー

 

情報文化観光省は、以上のような内容の完全な開国は、観光客のみならず、投資家やビジネスマン、一般人などの入国も含むため、首相に対して、COVID対策特別委員会に委任することを検討して欲しいと記載しています。

 

また、2022年5月2日付の「Vientiane Times」のFBへのポストによると、COVID対策特別委員会は、すべてのラオス人と外国人への完全な国境の開放案について、外国人を含むあらゆる階層の人々から意見を求めているとのことです。

 

 

COVID対策特別委員会は、情報部文化観光省の示した内容について、5月3日までに、首相府の特別委員会事務局への文書、もしくはウェブサイト( www.covid19.gov.la www.laogov.gov.la )、Email(info@mict.gov.laもしくはcabinet@mict.gov.la)、Facebook(Center of Information and Education for Health)、SNSなどを通して、意見を募集しているようです。

 

意見の募集の締め切りが5月3日となっていますので、5月4日以降、政府もしくはCOVID対策特別委員会から、何かしらの正式な発表があるものと思われます。

 

Related Articles

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Stay Connected

33FansLike
63FollowersFollow
218FollowersFollow
Pakse
moderate rain
30.1 ° C
30.1 °
30.1 °
58 %
3.1kmh
75 %
Thu
30 °
Fri
36 °
Sat
37 °
Sun
37 °
Mon
36 °

Latest Articles