26.8 C
Pakse
Thursday, February 2, 2023

ラオスの最低賃金の値上げの金額と時期が決定

2022年6月13日付の首相府からの通知によって、ラオスの最低賃金の値上げの金額と時期について、アナウンスがありました。

主な内容は、以下の通りです。

ーーーーー

1.最低賃金を110万KIPから130万KIPへと引き上げることに合意。1回目は、8月1日から10万KIP、2回目は、2023年5月1日から更に10万KIPを値上げする。

2.労働組合連盟は関係機関と連携して、労働者や労働者代表が個人や団体の労働契約、賃金、手当、福利厚生について協議を行うことを推進すること。

3.法人は、条件に該当する者に対しては特に最低賃金を守ること。経験や技術、専門性を持つ労働者には、最低賃金よりも高い賃金を支払うこと。法律に従って、労働者を社会保障制度に加入させること。全労働者には、法律に従って、年次の健康診断を受けさせること。

ーーーーー

これによって、2022年8月から、最低賃金は120万KIPに、2023年5月からは、最低賃金は130万KIPに引き上げられることになりました。

コロナ以降の経済の停滞や、現在の全世界的な通貨安や燃料費の高騰などによるインフレ率の上昇や物価の高騰は、国民の生活に大きな影響を与えているため、政府としても国民保護の観点から、最低賃金の値上げの時期や金額について、このタイミングで発表されたものと思われますが、企業側からしても、現在のKIP安は経営に大きな影響を与えており、財政状況への影響も考慮して、2段階での値上げになったようです。

また、経験や技術、専門性を持つ労働者には最低賃金以上の賃金を支払うことや、社会保険への加入、健康診断などについても言及されています。

ラオスは、比較的、労働者の権利については手厚い政策や法律がありますが、実際には、それらが順守されて実施されているとは限らないのが現状なので、今回の通知によって、労働者の待遇や福利厚生についての法律の順守が進むことが期待されます。

ラオスの最低賃金の値上げについては、4月末の政府の会議で合意がされていましたが、値上げの金額や時期については、追って報告されることになっていました。

参照:2022年5月3日 「 ラオス政府が最低賃金の引き上げに合意

Related Articles

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Stay Connected

33FansLike
63FollowersFollow
218FollowersFollow
Pakse
overcast clouds
26.8 ° C
26.8 °
26.8 °
68 %
1kmh
100 %
Thu
27 °
Fri
37 °
Sat
37 °
Sun
37 °
Mon
37 °

Latest Articles